ディーセンス株式会社

D*SENSEは血管内治療のスペシャリスト集団。
豊富な知識と経験で確実なサポートをお約束します。

弊社では、循環器内科分野・心臓血管外科分野・脳神経外科分野・放射線科・泌尿器科など、全身の血管内治療及び不整脈治療、外科領域の医療材料から診断・治療機器まで、幅広くお取り扱いしております。

ステント・バルーン

ステント・バルーン

心臓に栄養を供給する冠動脈にコレステロール等が沈着し、内腔が狭くなると十分な栄養が心臓へ供給できなくなり胸痛および胸部圧迫感を引き起こします。
このような虚血性心疾患に代表される狭心症、心筋梗塞治療には、冠動脈バイパス術、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)等の治療法があります。

PCIとは手首や足の付け根より細い管(カテーテル)を挿入し、カテーテル内より様々な治療用具を乗せて進め、冠動脈の狭くなっている部分(狭窄)を拡張する内科的治療法。
D*SENSEでは、狭窄部分を拡張するバルーンカテーテル、血管自体を内側から支持するSTENT等を主として、低侵襲な内科的治療PCI及びPPIを実現する様々な治療用具を取り扱っています。

D*SENSEは多くのメーカーを扱える強みを利用し、先生方の治療戦略を十分熟知した上で最善なカテーテル製品などをご提案。単に用具のご提供に留まらず、これら治療用具の適正使用方や製品特性、治療全般の最新情報などもご提供し、日々地域社会および患者様の健康回復にむけて貢献しています。


取扱アイテム例

ガイディングカテーテル

ガイディングカテーテル

穿刺部から冠動脈の入口部、下肢動脈に留置される中腔のチューブ。ガイドワイヤーやバルーン、ステントを安全に運ぶための役割を果たします。様々な太さや形状があります。

ガイドワイヤー

ガイドワイヤー

狭くなったり詰まったりした血管を通過し、バルーンやステントなど病変部まで運ぶのに必要となります。ガイドワイヤーには先端の硬さの種類がいろいろとあります。

バルーンカテーテル

バルーンカテーテル

カテーテルの先端に風船(バルーン)が装着された特殊なカテーテルで主に狭窄した血管を押し広げるために使用されます。バルーンカテーテルには大きく分けてセミコンプライアントバルーン、ハイプレッシャーバルーン、スコアリングバルーン、薬剤コーティッドバルーンなどがあります。

ステント

ステント

メッシュ状の金属のチューブのことで血管内に留置し、血管を拡張するために使用されます。ステントにはベアメタルステント、薬剤溶出型ステントなどがあります。将来的には生体吸収性ステントも上市されます。