ディーセンス株式会社

患者さんを救いたいというドクターの気持ち、
救ってほしいと願う患者さんご家族の気持ちを、
常に頭に置いて仕事しています。

金沢本社IV事業部 主任 宮村 藍 インタビュー

金沢本社IV事業部 主任 宮村 藍

宮村 藍

血管内治療や心臓血管外科の手術に使用する治療道具を主に取り扱っています。

幼少のころの夢は外科医になること。しかし小学生になり、勉強が大嫌いでその夢は一瞬であきらめました。
大学を選ぶときに、人の心に寄り添い心の病を抱えた人を助けたいと思い、臨床心理学を専攻。自分の心の根底に「人の為に何かできる仕事をしたい、人を助けることのできる仕事をしたい」ということがあることに気が付き医療業界を選びました。

新卒で医療業界に入り、全く関係のない学部だったこともありゼロからのスタートでしたが、お客様や先輩・後輩、お取引先の方との関わりの中で自分が成長させて頂いていると日々感じています。
女性がより活躍できる会社、社員全員がより生き生きと働ける会社にしたいと思っています。

出身校    :京都光華女子大学
業界経験歴  :8年目
仕事のモットー:相手の立場に立って考える。まず自分がこころを開く。


  1. 一番印象に残っている仕事は?
    宮村 藍

    担当している病院からドクターが異動されるときに『一緒にやってくれないか』『担当してくれないか』と誘って頂いたことです。
    “一緒に仕事をしたい相手”としてお客様に選ばれたことは自信につながりました。

    先生が推してくださったおかげで、新しい異動先の病院の担当を任されたのですが、異動された先の病院では今まで治療を行っておらず、イチから道具をすべてそろえてスタッフさんにお伝えして…と、大変なこともたくさんありました。
    これも今ではよい思い出です。

  2. この仕事の難しさは?またやりがいは何ですか?

    患者さんの命を預かるドクターと治療に使用する商品の話をすることがこの仕事の難しいところです。
    患者さんの命がかかっているので商品に対しての細かな知識や心配りが必要になります。

    その知識や心配りがドクターのお役に立ち、「ありがとう」と言って頂けることがなによりやりがいです。

  3. 仕事を遂行する上でのポリシーを教えて下さい。
    宮村 藍

    お客様の立場に立って常に仕事をするということです。患者さんの命を救いたいというドクターの気持ちを、家族を救ってほしいという患者さんの家族の気持ちを、常に頭に置いて仕事を行うことを心掛けています。

    地方の病院でも最新の治療を受けられる環境を提供するお手伝いをさせていただきながら、医療現場のスタッフさんのよりどころとなるような営業になっていきたいです。

  4. 新入社員へのメッセージ

    新入社員のころは右も左もわからず毎日が新しいことの連続だと思います。
    わからないこと、心配なこと、悩みなどなんでも先輩社員に相談してみてください。

    先輩社員はみなさんの味方です。